インソムニアック新作、オキュラス対応の「Edge of Nowhere」発表!TPS視点のVRゲーム?

公開日:

Edge of Nowhere

insomniac Games、VRへ進出へ

 

先日PS4版ラチェット&クランクを発表した、insomniac GamesOculus Rift(オキュラス・リフト)向けゲームソフト「Edge of Nowhere」を発表しました。

判明した情報はOculusプレE3カンファレンスにて判明したもの。

南極を舞台とした三人称視点作品

ジャンルはアドベンチャー。
トレーラーと同時にゲームプレイ動画と思われる映像も含まれたトレーラーが公開されています。
寒過ぎる南極をただ歩くだけでなく、未知なるモンスターも登場する描写が描かれている。

物語は行方不明となった南極探検隊を探しに行くというもの。

Oculus Riftとは、PS4モーフィアスと対となって話題となっているVRヘッドマウントディスプレイ。
簡単に言えばその場にいるような、ゲームの世界に入ったものと同じ感覚でゲームが楽しめるもの。
Edge of Nowhere」はVR対応ゲームですが、TPS視点というのが気になりますね。

Oculus Touch

本作品とは話が若干ずれますが、OculusプレE3カンファレンスではOculus Riftで使用するコントローラ「Oculus Touch」が発表されました。
両手にリング状のコントローラーを持つ形式で、これにて両手を自由に動かせる状況になる。
2つのコントローラーには、アナログスティックと2つのボタンが設置されている。

この画像一枚でなんとなく状況は理解できるかと。
Oculus Touch

従来のゲームのような高度な操作は難しいかもしれませんが、これにて誰でも容易にVRゲームを操作できる作品が増えていきそうです。


かつてはPSハードで活躍してきたinsomniac Games
Xbox展開を発表して数年、VR業界へと参戦。
正直PS4のモーフィアス対応を選択しなかった点も気になりますが…。

何がいいたいか。
本音、この技術と経験を生かして、ラチェット&クランクPS4の世界を歩いてみたい!
それだけです。

一番上に戻る