鉄拳7 オンライン対戦相手と再戦可能なリベンジ機能、トレジャーボックスなどの新機能が公開!

公開日:

ゲームtekken013

鉄拳7 オンライン対戦では同じ相手に再度挑戦を挑むことが可能

 

2015年2月18日より先行稼働するアーケード版鉄拳7」の公式サイトが更新されて、新要素が公開されています。

トレジャーボックス確定

ゲームをプレイすることによって溜まるゲージで、”MAXの状態でオンライン対戦に勝利するとトレジャーボックスが獲得“できる。
トレジャーボックスにはキャラクターのカスタマイズに使うファイトマネーや「カスタマイズアイテムの設計図」等が入手できる。
tekken066

◆トレジャーゲージは数十試合でMAXになる
◆ゲージが溜まっている時に敗北してもゲージは維持される

ゲームモードについて

現在までに判明している実装モードは3種類。
特殊な項目が1種類存在している。

オンライン対戦

本作からは待望の店間オンライン対戦が実装されています。
従来どおり、自分とほぼ同様の強さの相手とマッチングする。
選定の基準はもちろん、キャラクターの段位となる。
tekken064

以下、オンライン対戦の仕様。
◆バナパスカードを使用しない場合は、バナパスカードを使っているプレイヤーとはマッチングしない
◆オンライン対戦には連勝制限が存在する
・バナパスカード使用時は10連勝まで、カードを使用しない場合は3連勝まで

店内対戦

従来どおりのルール。
連勝制限は存在しない。

練習モード

詳細は不明。
先行稼働Verでは選択不可能。

トレジャーボックス確定

プレイする料金とは別に1クレジット分追加することによって選択できる項目。
上部項目の”トレジャーゲージがMAXの状態と同様“の効果を発揮する。
この項目を選択しても、トレジャーゲージは元々の位置に戻る。

リベンジ機能で同じ対戦相手と再戦する

いままでのオンライン対戦で”あとちょっとで勝てたのに悔しい!”という思いを何度も経験してきたユーザーも多いはず。
ということで、オンライン対戦で相手に負けた場合、「リベンジマッチ」という項目が選択できるようになった。
tekken065

以下リベンジ機能の仕様。
◆再戦時はキャラクターやステージの変更は不可能
◆リベンジを受けたユーザーは、拒否することができない
◆ただし、連勝制限に達した場合はリベンジ不可能

いままでに公開されてきたゲームの概要部分が更新されていますので、合わせてご確認しておきましょう。

公式サイトへ移動する


リベンジ機能では対戦相手に逃げられることはないようですね。
公式サイトでは公開されていない新システムも多々存在します。
グラフィック面以外にも多くの進化を遂げていますので、注目の作品となります。

■関連記事 – 鉄拳7 スーパースローや共通バトルサイド等の実践動画、先行稼働Verの仕様などが公開!

一番上に戻る