◆新着記事(20件表示)

DOAX3すじこが再配信!手軽に手に入る超セクシー水着【宝石紐水着】
DOAX3 ほのかの誕生日記念で限定わくわくレベル7倍ボーナスキャンペーン中!【レベル上げ】
鉄拳7ストーリー「アザゼルを倒したのはデビル仁」など6からの繋がりも見せるキャラプロフィール第1弾
閃乱カグラPBS、売上初週消化率は85%!やはりおっぱいは強かった!【品薄】
MHXX セーラームーンクエストが配信!ニャンター限定クエスト【灰水晶の原石の場所】
閃乱カグラPBS楽すぎるレベル上げ、放置が素晴らしすぎました!
「いちご100% EAST SIDE STORY」として復活連載!ToLOVEると入れ代わりで良い時期か
DQ11 仲間キャラ「マルティナ」「ロウ」判明!武闘家姐さんとふとっちょ白鬚爺さん
ブルーリフレクション「芳村梨佳」 髪留めが似合う普通であることを気にする少女
閃乱カグラPBSで白い液体と黄金水をかけられるぴよぴよが遂に配信開始される。
KOF14 DLCキャラクター「ヴァネッサ」参戦!巨乳三十路人妻キャラ
MHXX神おま入手目指して、効率よく風化したお守りを収集する手段を探したい
「MHXX」「閃乱カグラPBS」どちらも前作から大きく売上を落とすことに…。
「閃乱カグラ」次回作とみられる、7作品目を意味する映像が話題になる【ネタバレ注意】
PS4「スターオーシャン3HD」発売日・価格が決定!月末には遊べるように!
閃乱カグラPBS、放置してレベル上げが楽チン!要連続コントローラー
閃乱カグラPBS アップデートVer1.02が配信開始!ランクマッチ接続改善など!次回アブデでグレラン弱体化来そうな予感
「ねぷねぷ☆コネクト カオスチャンプル」 チャプター4までのイベント、先行カットが公開!
MHXX、HR100超えで二つ名防具合成が可能に!超特殊許可クエストが登場!
【バグ】MHXXで素材や金足りているのに武器が作れないことがある。
ブルーリフレクション「芳村梨佳」情緒が不安定すぎる絶対音感少女。
DQ11の発売日を発表する放送が決定!年内発売来るか?
「アンチャーテッド ザ・ロストレガシー」にネイトは登場せず。物語はアンチャ4の6〜12ヶ月後
二次元美少女撮影ゲームとしては閃乱カグラPBSはやはり至高!ジオラマモードが自在すぎる
MHXXの最強防具はネセトシリーズ、オンがこの防具しかいなくなる日も近そう
【攻略】MHXX ミラボレアス解禁や、二つ名ディアブロスなどのクエスト解禁条件まとめ
MHXXの評価が低すぎる?個人的にはX未プレイなら買っても良いという感じ
閃乱カグラPBSではノーブラ設定が可能!目が釘付けになってしまわれる。
モンスターハンターダブルクロス攻略 G級キークエスト確定まとめ【MHXX】
MHXXのニンテンドースイッチ版、公式否定せず。引き継げれば買いたいな



PS1用ソフト「LSD」のリメイクが海外のファンによって制作中!

公開日:

ゲームnews093

LSD 海外ファンがリメイクを制作中

 

1998年10月22日初代プレイステーションにて発売されたゲーム「LSD」が、海外のファンによってリメイクプロジェクトが進行中であることが判明しました。
タイトル名は「LSD Revamped」。
PC・Windows版のみに対応予定で、無料で間もなくリリースされる予定。

LSDって?

アヤシイ名前をしてらっしゃいますが、本作品はPS1にて正式に発売されているゲームソフト。
プレイヤーは目的を持たずに謎の空間をひたすらさまよい続けるという、ちょっと変わったゲーム。
パッケージとは裏腹に、購入ユーザーを恐怖に陥れる。

ゲームの雰囲気は独特で、あまり長時間プレイはオススメできない作品。
こちらはリメイク版「LSD」のゲームスクリーンショットの一部で、高解像度なのはもちろん、描かれている謎の文面も容易に読むことができるように。
残るスクリーンショットは情報元リンクに掲載されていますので、合わせてご確認ください。
news0199開発陣による実際のプレイムービーも公開中。
ゲーム本編でありゲームの進行システムもこれで全て。
PS版に比べて、グラフィックの鮮明さの向上はもちろん、気になっていたプレイヤーも多いであろう移動中の画面上下の揺れも軽減されている。
上記スクリーンショットや、オリジナル版にような独特の恐怖感はそこまで感じられない印象。

公式サイトへ移動する
情報元リンクへ移動する

現在、PSのオリジナル版はPS Storeではゲームアーカイブスとしても配信されてる。


どんなゲームなのかイマイチ実感がわかないのもこのゲームの特徴。
人気フリーホラーゲーム「ゆめにっき」に近いイメージを持って頂けると分かりやすいかも。


よくホラゲーはグラが汚いほうが怖いという言葉を耳にしますが、今回もその言葉に該当する部分があるような気がします。



◆更新報告:

一番上に戻る