◆新着記事(20件表示)

おっぱいサイトの正体は「オメガラビリンスZ」!ローグライフRPG再び!Zカップって…。
【攻略】ニーアオートマタでレベル上げ!「衝撃波」「移動速度UP」チップ集めも兼ねて
【攻略】ニーアオートマタ 「砂の遺産」で見つけ出す4つのアイテムの場所
次世代ゲーム、VRカノジョが遂に発売!本番シーンも公開されているっぽい
「ToLOVEるダークネス グラビアチャンス」シチュエーションがいい感じ!個性的な撮影が可能っぽい
皆がおっぱいを触りまくったせいで「タッチ我慢スターター」、壊れる。
「うたわれるもの 二人の白皇」含むビジュアル本が発売!2作品分のイラスト集
【攻略】ニーアオートマタ 9Sハッキングリモート解除&大型の敵乗っ取りなど、少しシューティングが楽になる方法とか
DOA5LR 「 ほのか×エルフェルト」「かすみ×ノエル」など4種類の衣装先行公開!派手派手だな
鉄拳7店舗別特典が判明!等身大布ポスターやゲーム内アイテムなどもあり
無料視聴可能!「仮面戦隊ゴライダー」auビデオパス全3話配信決定!木野さん登場でW闇医者実現しそう!
ニーアオートマタ、谷底に落下して上がれなくなった!高度を維持したまま遠くまでジャンプする方法とか
【攻略】ニーアオートマタで武器最終強化、レベル4にできる「森の城の武器屋」場所
【攻略】ニーアオートマタ 「写真」問題は砂嵐を抜けた先に目的地があることか
【攻略】ニーアオートマタ 「ゲームクリエイターロボ」バグ発見条件について
DOAX3、PSVR機能が無料で入手できるのは2/28火曜日まで。至高のVR世界へようこそ
「仮面ライダースナイプ エピソードZERO」プロモ動画で放たれる大我のいい人感よ…20話見た後だと尚更。
仮面ライダーブレイブがギャラクシアンガシャットで変身!巨大化エナジーアイテムなども【ネタバレ含】
【攻略】ニーアオートマタ 全26通りのエンディング到達条件まとめ【ネタバレなし】
エグゼイドレベル99登場!最大レベル、カンストっぽい感じ
尻フェチ歓迎?ニーアオートマタ、2Bのスカートが脱げる方法があるらしい
【攻略】ニーアオートマタ 周回プレイにおける引き継ぎ、レベルやアイテムや装備など!鍵付き宝箱も開封可能
【攻略】ニーアオートマタ ひのきのぼう&エンジンブレードの入手場所
ブルーリフレクション 「蜷川麻央」 有名女優キャラ!仕事と勉学を両立する少女
新ヒーロー「仮面戦隊ゴライダー」なるものが判明!映画チーム分けも発表!
「グラビティデイズ2」DLC、クロウ編の配信日が決定!本編やり込みも拡張、よりレアなタリスマンが開放!
バイオハザード7にクリスが主人公のDLC配信決定!無料で遊べる!
【朗報?】ニーアオートマタトロフィーコンプリートまで、ゲーム内通貨で買える仕様に
【攻略】ニーアオートマタ 金稼ぎ&対策、きっと今後金に困ることはないと思われる装備とか
【攻略】ニーアオートマタ 「お城の宝探し」宝場所、扉の場所とか



相変わらず凄まじいグラフィック!中国版モンスターハンターオンラインのベンチマーク映像が公開中!

公開日:

ゲームmh011

中国版モンスターハンターオンライン新たなトレイラー公開

 

中国にてベータテスト中の「怪物猎人Online」のベンチマークトレイラーが公開されています。
現在のモンスターハンターシリーズ中では最高のグラフィックで描かれる作品。

怪物猎人Online ベンチマークトレイラー

大自然で生息するモンスターの生態を描いた動画。
プレイシーンではないものの、圧倒的グラフィックを確認することができます。

もっふもふのフッサフサになったアイルー
会話しても口が動かないのはモンハン伝統の仕様な模様。
ちなみに、MHFではPC版限定で2015年4月頃に表情の実装が決定している。
mh060

シリーズで幾度となく見たアプトノスの水飲みシーン。
オープニング映像に匹敵するクオリティ。
ランポスに襲われ、奮闘する一匹のアプトノス
mh061リアルな甲殻まで鮮明に描かれるティガレックス
動きと共に植物もなびく点にも注目。
大型モンスターは非常に細かい点まで描写されており、動画を見ているだけてかなりの威圧感。
mh062MHFのみに登場するアクラ・ヴァシムも出現。
ナンバリングシリーズでは2シリーズのみに登場し、最近の作品ではお目にかからなくなってしまったガミザミも登場します。
mh063

こちらは当時がよみがえる初代モンスターハンターのオープニングムービー。
残念ながらPS2画質ではありますが、上記シーンと連結できる部分があります。


毎度毎度勘違いされがちですが、本作はパチモンではなくカプコン公認のモンスターハンターとなります。
ただ、国内でのサービスが予定されていないだけとなっている。
操作性もシステムも国内ユーザーにとって低評価のようですが、それでも注目せざるを得ない作品ですね。




◆更新報告:

一番上に戻る