超次次元ゲイムネプテューヌ RE:BIRTH3 V なりゆき☆ダンジョンの存在が判明!

公開日:

ゲームnep_re3

ねぷてぬリバース3 なりゆき☆ダンジョン搭載が判明

 

2014年12月18日に発売が決定したPSVita専用ソフトウェア超次次元ゲイムネプテューヌ RE:BIRTH3 V CENTURY(リバース3 センチュリー)」のゲームシステムに関する新情報がちょっとだけ明らかに。

タイトル通り、ゲームシステム内に「なりゆき☆ダンジョン」が搭載されることがエビテンの商品情報より判明しました。

なりゆき☆ダンジョン

なりゆき☆ダンジョン」とはPS3ソフト超次元ゲイム ネプテューヌmk2」のリメイク作品である、2014年3月20日PSVitaにて発売された「超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth2 SISTERS GENERATION」より搭載されたゲームシステムである。

内容は「ステラちゃん」というなりゆき☆ダンジョン専用キャラクターが存在して、プレイヤーが選択したダンジョンを探索してもらうというもの。

nep010

ダンジョン探索のルールは
ステラちゃんのレベルは選択したダンジョン内でのみ上昇し、探索終了すると1に戻る
●ステータスの決め手となるのは装備品の厳選
●もし探索失敗をすれば報酬なし&装備没収
探索時間はリアルタイムで適応するため、帰還までに1日以上かかるダンジョンもある

最後のダンジョンは下記通り、25時間待たなくてはならない。
しかも、高確率で失敗して帰ってくるという…。

nep011

数十分でダンジョンは帰還する序盤のうちは楽しくて仕方がないが、終盤になるにつれて数時間かかるものが連発する。
最初はプラチナトロフィー無理だろう…とまで思われていたシステム。

このゲームシステムがねぷてぬリバース3にもしっかり搭載!…と思ったのですが、情報元を見ると

見聞者を仲間にすることで「なりゆき☆ダンジョン」に連れて行く事が可能
なりゆき☆ダンジョン帰還時の報告を「信じる」「信じない」の選択で効果の適応を決定できる
●効果はなりゆき☆ダンジョンの内容変化や、本編ダンジョンの仕様書の獲得

等の記載が。
普通に「神次元ゲイム ネプテューヌV」に搭載されていた「見聞者システム」のような気がして気ました。
ただ、帰還までの時間は数時間かかるような気がしてなりませんが…。

nep068※画像は神次元ゲイム ネプテューヌVのものです

情報元リンクへ移動する


 

リバース2の時のような鬼畜システムではない感じがしますが、まだ油断はできませんね。

■クリックで予約・販売価格を表示する
ネプテューヌRe;Birth3 超次次元ゲイムネプテューヌ RE:BIRTH3 V なりゆき☆ダンジョンの存在が判明!ネプテューヌRe;Birth3 超次次元ゲイムネプテューヌ RE:BIRTH3 V なりゆき☆ダンジョンの存在が判明!
・神次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth3 V CENTURY 通常版
・神次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth3 V CENTURY 限定版



◆更新報告:


両備巨乳フィギュアはおっぱいサイズの切り替えが可能に!【閃乱カグラ】
ブルーリフレクションの画集「公式ビジュアルコレクション」が登場!コスチュームスポーツ衣装セット付き
「クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!」パッケージデザインは日本向けに変更されている!
PS4版「ジャック×ダクスター 旧世界の遺産」はHD版なのか?アーカイブ版なのか?ちょい予想
古手川唯、青バニー姿の1/4フィギュアが登場!尻強調ポーズか【To LOVEるダークネス】
「四女神オンライン版パープルハート様」1/7フィギュアの出来が良すぎ!背中やお尻がキュート!
フリープレイアンコールゲームが「キルゾーン」「グラビティデイズ」「チャイルド オブ ライト」に決定!
「アンチャーテッド 古代神の秘宝」日本語PV、クロエとナディーンの絆の進展に注目!
コンパイルハート、新作RPGゲームを準備中!発表雑誌が電撃PSじゃなくファミ通であるところが気になる
オメガラビリンスZではパイとチチも操作可能に!やりこみダンジョン、セクシーギャラリーモードなど!
アンチャーテッドは4以降も登場する?少なくともシリーズ完結ではないことは事実
中国全土スケールを実現した「真・三國無双8」 プレイ動画入りのPVが素晴らしい!
初プレイ動画「新次元ゲイム ネプテューヌVIIR」VRイベントや、高難易度戦闘バウンティークエスト2本が公開!
閃乱カグラPBS公式イラストブック、添い寝シーツに描かれる人気キャラが決定!やはりあの人が強い
「アンチャーテッド 古代神の秘宝」国内配信日が9/14に決定!特典はまさかのPS4版ジャック×ダクスター1!

一番上に戻る