ブーディカさんこんなドスケベボディでえっち済みとか最高すぎる【Fate】

公開日:

ブーディカ, ドスケベボディ, Fate ブーディカさんこんなドスケベボディでえっち済みとか最高すぎる【Fate】普通にスケベしたい人妻

若い男の股間に悪過ぎる…

もう、仕方ないなぁ♥
ってヌきまくってくれそう

こんなおまんこに棒待ちの格好でやらせてくれなかったらウソだよ

手を出しても黙っててくれそうな人妻と爛れたい

ゲーム内で育ててないけど性能はどんなもんだろう

正直弱い
サポートは出来なくはないけどもっと優秀な鯖がいっぱいいるから愛が無いと辛い

1回だけ超高難易度で宝具の防御アップに脚光を浴びたくらいかなぁ…一応アーツパーティーで使えると言えば使えるけど最近アーツ強化で優秀な鯖も多いし…難しいかも…マイルームは最強だと思う…

これにはローマ兵もニッコリ

こんな格好してて元ネタえぐい……

こっちでいう将門公だからな

元ネタでは虐殺って…

ローマ兵この人妻には手を出さなかったらしいな

ゲームではこんな姿だけど史実だと年増も年増だったろうからそりゃね…

だからこうして10歳と12歳の娘を輪姦して馬車で轢き殺す

そりゃ復讐の鬼になるわ…

とはいえローマ兵にそうされるくらい恨まれまくってたからなこの人

馬車で引き殺したのは味方の反乱軍側です…
12歳は剣を持って殺しにきたのでローマ兵がカウンターで殺したけど

お姉さんの下着、どこに行っちゃったのかなぁ?
ねえ、君は知らない? マスター
とかわざとらしく聞いてくるブーディカさん

ローマ帝国舞台の話でローマ特効ありながら……なぜか活躍できないヒト

第2章のローマをクリア報酬で貰えるのがローマ特攻持ちのブーディカさんってなんだよそれ!

そのローマの皇帝の方が妊気あるからじゃないですかね

その割に圧倒的な人気はないけどな

この遺伝子引いた娘2人はしっかりヒャッハーしてるらしいなローマ兵

単純な鯖戦力として考えるとスキルの一つ(ローマ特攻)が汎用性なさすぎて死んでるのが痛いな

ヒストリーチャンネルで元ネタの人のエピソードを先に見てたから
こっちを後から出されてもうーん・・・ってなる

終局終わってご新規さんの増えた2017年から薄い本も増えた印象
本当にありがたい…

でも最終の髪下ろした状態でのエロ絵はほとんど見ないあたりみんな育ててはいないんだろうなって

ローマ特効はローマ特効入ったとしても火力出すわけでもないからキツいんだよな

サービス終了まで旧マシュでいいじゃんって言われそう

マイルーム性能が高くて本当に有難い
絆5のボイスは何度も聞いた

娘二人とも育ってるしまぁ

ショートが可愛いからだよ!!

この髪型じゃないと人妻感がなくなる

最終は露出度減ってるんだもん

元ネタの人はローマ人殺しすぎてイギリスの地層掘ったら血の層が見つかったんだっけ

うn…

嘘かホントか知らんが全裸に剥いた男のチンポ切り取って口にねじ込んで神殿に吊るしてデコったとか
女子供解体して街の真ん中の泉を血と臓物で満たしたとか言われる人

普段優しくて意識的に煽ってくる癖に
バレンタインとかだと旦那の話題を出して反応を見る悪女でシュ!

終局では一応ネロとの関係に決着がついた(ついてはいないけど)のにデッドヒートサマーレースで余計なシナリオ書かれたのが納得いかない

でもローマで許されない女君主になった人妻も悪いんですよ
ってネロが言ってた

やっぱ男装してないやつは駄目だな

ネロ「余は命じてない、家臣がやった、済んだ事」

これ別に保護されてるとかじゃなくて現実でも何やってくれてんだお前!って頭抱えてる

でもその上司は貴方でお寿司

味方以外の現地人老若男女見境なく降参も隷属も受け入れず皆殺しウーマン

ローマの歴史書ではこいつが悪いって書いてあるからこいつが悪いよ

道中のローマ人を律儀に皆殺しすぎてローマ軍の反撃体制整える時間与えちゃうお茶目な人

似た話は南米のアステカでスペイン人を打ち破ったあとに生贄用に敗残兵捕まえまくってたら総督に逃げられて
後年逃げた総督が戻ってきて帝国は滅びました

ネロどころか本国の政治家皆頭抱えたからな
あれだけ融和策で刺激すんなって言っただろ!?

最終の姿だと若すぎるから正直未婚の少女みたいでな…
未亡人のお姉さんを活かすなら髪をまとめて
なんならエプロンつけて疑似裸エプロンでイチャつくのがいい…

夫が死んだのもスレ画のおっぱい庇ったからという

ブーディカさんの二重パンツいいよね…

ドスケベ尻画像で歴史スレ認定は大分お味噌がホットでは

歴史にスケベはつきものだもんな

基本白のパンツだけどちゃんとした正装させてエロ下着つけたら似合いそう

img.2chan.net/b/res/565995365.htm

一番上に戻る